結婚式披露宴のドレス

結婚式披露宴のためのドレス選び

結婚披露宴の服装の選び方

結婚披露宴のゲストの服装は、昼間ならば胸元や肩など肌を露出させない膝下丈のアフタヌーンドレスが正装で、ロングドレスは着用するのはマナー違反です。特に、親族や目上の方の場合は、上品な色や素材のワンピースやツーピースがオススメです。アクセサリーやバックもきらびやかでない物を用います。友人として出席する場合やガーデンパーティや2次会ならば、ノースリーブのドレスにボレロやショールをかけた略礼装でも構いません。夜の結婚披露宴では、胸元や背中が開いたロングドレスやローブデコルテが正装となり、アクセサリーやバックも光る素材を多く用います。

ゲストのロングドレスの選び方

結婚式に参加をするにあたり、衣装のデザインやサイズなどにこだわることがとても大事です。最近では、ロングドレスの着こなしをマスターすることによって、大きなメリットを実感できることがあるため、定期的に情報誌や口コミサイトなどを参考にすることが良いでしょう。また、ゲストの衣装の選び方に関しては、ネット上で度々意見交換が行われるケースが増えています。そこで、もしも結婚式のプランにこだわりたい場合には、経験者のアドバイスを受けることによって、素人であってもすぐに落ち着いて判断をすることができるようになります。

↑PAGE TOP